気ままな日記。

気ままに更新するブログ

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

k


週末の大通りを 黒猫が歩く
御自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
その姿から猫は 忌み嫌われていた
闇に溶ける その体目掛けて 石を投げられた

孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
誰かを思いやる事なんて 煩わしくて
そんな猫を抱き上げる 若い絵描きの腕
「今晩は 素敵なおチビさん 僕らよく似てる」

腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独という名の逃げ道を

走った 走った 生まれて初めての
優しさが 温もりが まだ信じられなくて
どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た
「おいでよ」

それから猫は絵描きと 二度目の冬を過ごす
絵描きは 友達に名前をやった 「黒き幸」ホーリーナイト
彼のスケッチブックは ほとんど黒尽くめ
黒猫も 初めての友達に くっついて甘えたが ある日

貧しい生活に 倒れる名付け親
最後の手紙を書くと 彼はこう言った

「走って 走って こいつを届けてくれ
夢を見て 飛び出した僕の 帰りを待つ恋人へ」


不吉な黒猫の絵など売れないが それでもアンタは俺だけ描いた
それ故 アンタは冷たくなった 手紙は確かに受け取った


雪の降る山道を 黒猫が走る
今は故き親友との約束を その口に銜えて
「見ろよ、悪魔の使者だ!」 石を投げる子供
何とでも呼ぶがいいさ 俺には 消えない名前があるから

「ホーリーナイト」「聖なる夜」と 呼んでくれた
優しさも温もりも 全て詰め込んで 呼んでくれた
忌み嫌われた俺にも 意味があるとするならば
この日のタメに生まれて来たんだろう どこまでも走るよ
彼は辿り着いた 親友の故郷に 恋人の家まで あと数キロだ

走った 転んだ すでに満身創痍だ
立ち上がる間もなく 襲い来る 罵声と暴力
負けるか俺はホーリーナイト! 千切れそうな手足を
引き摺り なお走った 見つけた! この家だ!

手紙を読んだ恋人は もう動かない猫の名に
アルファベット1つ 加えて庭に埋めてやった
聖なる騎士を埋めてやった


歌:BUMP OF CHICKEN
曲:k




BUMPは正直、そこまで好きな歌手ではないのですが
この曲だけは私にとって別格なものでした。

曲名のkは歌詞の最後にある「アルファベット1つ 加えて~」の部。
呼び名のホーリーナイトはHolly Night
聖なる騎士、騎士はknightと書きますね。

親友の感謝を背に、果敢に走り続ける黒猫の勇士
親友の恋人は、黒猫の名前にkを加え騎士と名づけたのでしょう。

素晴らしい歌詞です。1つの物語に友情と約束の大切さ
ここまで強く訴えかけた曲は、そうないでしょう。

― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― +



最近、若白髪が半端ない・・・il||li_| ̄|○il||li
そこまで苦労はしていないと思うんだけどねぇ。なにゆえでしょ?

Holly Night。
もうすぐクリスマスですね~ヾ(。・ω・。)ノ


来年に延期しろ


スポンサーサイト

| | 16:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

灯と光




灯りつく頃 張りつめた風に吹かれ

寂しい背中を ゆっくりと

静かな動きを 繰り返し



重みを背負った 苦しみに

朽ち果てそうに なるけれど

君が指し示す 道の

先に光があること 信じて


辛辣の螺旋を描いても

僕は挫けたりしないよ



今を成す この時間が

明るいものでないとしたら

明るいものへしようと 努めよう


最果ての行き先 糧となった過去に刻んだ 想い

今 生きていく





― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ―




人生は、山あり谷ありといいますね。
今回は谷を意識した詩を綴りました。

躓いたとき、ゆえ一人でいることが苦しいときに初めて
自分との関わりを持つ家族や友人からの一言
おおきなありがたみを感じますね。


一度、落ち込むまで落ち込んで挫折し
心の底まで落っこちても良いと思います。
またそこから這い上がって、過程を尊重するのもよし。

こなくそ負けないぞ!と
強い強固な意志を貫くのも良いでしょう。

過去は今の自分を創り
今の自分は未来の自分を創りだします。


理解されるように生きていくのも、1つの生き方ではありますが
それでは毎日が辛く、精神的にまいってしまいそうです。
ありのままの、素の自分を晒し
そんな自分を認めてもらえるような形が
最も望ましい生き方だと、私は思います。


厭離穢土な生き方だけは避けましょう。


絶望は希望をつくるための鍵であり
希望は夢へ繋ぐ橋をつくるということを、私は信じています。


| | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

長月




ふと思い出す

色褪せない思い出は 今も鮮明に 

陽射しが穏やかになる頃 僕らは出会った


あの場所で



むじゃきに笑っては 安堵感で満ち

傷ついた後には 強く結ばれた心

気ままな僕らは 赴くままに身を尋ね

ふたりだけの物語を 作って行ったね



いつまでも この時が 

続いていくものだと そう思っていた

裏切りの果て 望まぬ理想

別れが苦しくて 嗚咽もしました



遠い記憶の 儚い物語

今は無い 君の影 

形を成して刻む 僕らの時 

静かに 終わりを告げよう


 



― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ―



出逢いは岐路を作り

時が過ぎれば、物語が綴られていきますね。


別れを知っていても、なんといいますか

認めたくないんですよね。その時が楽しいから。



過去に縋る生き方が、大嫌いです。


しかし、心温まる思い出や、忘れられない出来事は別です。


自分だけの物語を

みなさんも一度、省みてはいかがでしょうか。



| | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。