気ままな日記。

気ままに更新するブログ

<< 2011-08- | ARCHIVE-SELECT | 2011-10- >>

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

birthday


9/27

今年で19歳になりました。


早いものですね・・・。
これまでの19年間は、いかがなものだったのか
私自身でさえ、評価しようにも、よくわからないためにできません。

こんな未来を・・・といった未来予想図を描くことはありますが、
それは抽象的であり、内容が薄いものです。
具体的な、リアリティな目標は立てていません。

勇往邁進、素晴らしい言葉ですね。
自分の目標に向かって、脇目も振らずに真っ直ぐ前進するその様をいいます。
目標に向かう姿勢としては、憧れであり、私の目標ですね。

早い段階で、目標を探し見つけ出したいものです。




さて、19年の年月を重ねた
今に至る私の忘れられない思い出のひとつ を、お話しましょう。

― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ―


私が小学2年生(8歳)の頃、家庭の都合上、
当時、通っていた小学校から別な小学校へ転校することになりました。

泣きましたね。親や親しい友人には泣き顔は見せたくないと
ひとり、私のお気に入りの場所で、ただただ泣いていました。

言葉や感情を巧く表現できない、幼い頃の私は
愛別離苦のような、辛く重い思いを感じました。
相手が生まれて初めての、
親友と呼べる関係であったからなのかもしれません。

夏の終わり、私は通っていた小学校を離れました。
小学校を去る際に、クラスのみなが、ある歌を
転校する私へ送ってくれました。


曲:secret base~君がくれたもの~
歌:ZONE


ご存知の方もいらっしゃると思います。
この曲を、いつ聞いてもあの頃を鮮明に思い出し、涙してしまいます。
そんな思い出の詰まった、忘れらない曲です。

― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ― + ―

人と人との出逢いは、何らかの意味をもつものかもしれませんね。
だって、そこから生まれる自分の未来に繋ぐ過去を
創生し、作られていき、そして未来の自分に至るわけですから。


一刻千金という言葉があります。
楽しいとき、大切なときが過ぎ去りやすいことを惜しむ様をいいます。
私たちは一喜一憂を繰り返しては、時を経て年を重ねていきます。

無惨に去り過ぎる時の流れを、今一度よく考え
その一時一時を、大切にしたら、よりよい未来が待っているかもしれません。
過去ばかり気にしても、何も生まれませんし・・・。


私は慌てず、マイペースに一進一退を繰り返し、
少しずつ歩んでいきます。


これまでお世話になった両親、祖父母、親戚の方々知り合い、
そして共に支えあった親友

感謝。

スポンサーサイト

| 日常 | 22:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。